小さいころのひな人形の思い出

2011-06-03テーマ「ひな人形」のリスト | No Comment

私の地元は、とても小さな集落で、ほとんどのお家がおじいさんやおばあさんと同居し、家族の人数も多かったです。家族の人数が多いのと、田舎のため一つ一つの家がとても大きいためか、近所の家ではひな人形が7段以上であることが当たり前でした。私の家も、ひな人形は8段くらいだったので、ひな人形を飾る時には、家族総出で行っていました。その作業はとても大変なことでしたが、今となってはとてもいい思い出で、今でもよく思い出します。

ひな人形を飾る時、最初にひな段を組んでいきます。例年のことなので、簡単にできそうな気もしますが、これがそう簡単にはいかないのです。例年とはいっても、一年に一回しかしない作業なので、手順はすっかり忘れてしまっています。説明書をみればいいじゃないかと思われるかもしれませんが、購入して数年たつと、説明書もどこかにいってしまい、すべては父の勘だけで作業が進むのです。8段飾りとなると大仕事で、ひな段を組むだけで時間がどんどん過ぎていきました。

ひな段を組み終えると、ひな人形を飾っていくのですが、これも難解でした。お内裏様とお雛様から始まって、どの人形がどの位置で、何段目に置くのかがまったくわかりません。いつも、家族で話し合いながら、イメージを思い浮かべて一生懸命飾っていました。位置が正確だったかは定かではありませんが、毎年しっかり飾って、しっかり片付けていたこともあってか、私も24歳で無事にお嫁に行くことができました。今も、両親が2人で、飾ってくれているそうです。

Leave a Reply

Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans